カードローンの審査に通るためにはいろいろ対策をしなければなりません。その中でも重要なのか借金をしていないかということが大事です。意外だと思うかもしれませんが携帯料金の滞納や水道料金や電気料金の滞納も借金に含まれてしまいます。そのためそのようなことをしている人はカードローンの審査に陥ることが多いのです。携帯料金や光熱費を振り込む銀行口座にお金を常に入れておくことを意識しておいた方がいいです。それらをはがきの入金で済ましている人は支払い返済期間内に返済することを心がけましょう。
カードローンの審査はいま自分が勤めている会社の雇用形態にもかなり大きく影響しています。アルバイトよりも契約社員派遣社員の方が信用がより高いです。さらに正社員が最も信用が高く正社員になればほとんどのローンは審査が通ってしまいます。日本の正社員は法律に熱く守られておりよほどのことがない限りはクビにならないからです。そのためカードローン会社は正社員を支払い返済能力があると認定しカードローンの審査を通しているのです。近年非正規社員の雇用が多くなり日本で働いている人の4割は非正規雇用と言われています。細菌ではそういった人が多くなっているのでますますカードローンの審査が通りにくくなっているのが現状なのです。