あなたが銀行カードローンの審査に通るためには?

銀行系のカードローンの魅力は、金利の安さと、借入限度額の高さこの2点です。ではメリットのある銀行系カードローンの審査に通るにはどうすればよいのでしょうか?審査に通るためには、まず審査基準をしっかりと知っておく必要があります。

銀行系のカードローンの審査基準はおおむね下記の通りとなります。
1.十分な収入がある
2.過去の返済履歴がキレイ
3.限度額を控えめにする

この3つを満たしていれば審査基準はクリアでき、審査に通ることができます。

ではこれら3点についてもう少し詳細を説明していきましょう。

銀行カードローンはパートやアルバイトでも審査に通ります!

銀行系カードローンというと、非常に審査が厳しいという印象を受けますが、決してそうではありません。審査時間が長いことから厳しいと思われているのかもしれませんが、基本的な審査基準は消費者金融と変わりません。

ですから、安定した収入さえあれば、その金額の大小は問われず、きちんと審査してもらえます。たとえパートやアルバイトであっても、きちんと継続して毎月決まった額の収入が得られていれば、審査基準をクリアできます。

そういうった面でも、審査の厳しさは消費者金融とさほど変わらないと考えて良いでしょう。どころか、収入証明が不要な限度額については、消費者金融よりも銀行系の方が圧倒的に高いので、収入が少ない方にとっては、かえってハードルが下がることになります。

審査に不安なあなたでも銀行カードローンに通るには?

収入面で不安がある方でも、銀行系のカードローンの審査に通ることは可能です。審査基準を満たしてさえいれば良いのです。

銀行系カードローンの審査基準をもう一度おさらいしておきましょう。下記の3項目になります。

1.十分な収入がある
2.過去の返済履歴がキレイ
3.限度額を控えめにする

これらの項目について、覚えたいただいたのであれば、それぞれについて詳しく説明していきましょう。

1.十分な収入がある

まず最初に抑えるべきポイントは、「十分な収入があること」です。収入は多ければ多いにこしたことはないのですが、たとえ収入が少なくても、毎月決まった以上の金額の収入があり、それが継続的であることを容易に判断できればいいのです。

したがって、年収の少ない新入社員であっても、毎月決まった給与がもらえているのであれば、その収入額に見合った限度額を設定され、審査にパスすることができます。

パートやアルバイトであっても同じことです。月々の最低限の収入が決まっていて、それが継続的に支払われているのであれば、審査に通ることができます。

ですから、十分な収入というのは一律のものではなく、個人個人によって変わるということを理解してください。

収入の額が影響してくるのは、借入限度額だけです。

2.過去の返済履歴がキレイ

収入面よりも大事なのが、過去の返済履歴になります。これは他社のカードローンだけでなく、クレジットカードも対象になります。

過去に滞納などの返済事故を起こしていると、たとえどんなに多くの収入を得ていても、審査に通ることはできません。

逆に、収入が少なくとも、少ないなりに毎月きちんと返済しているのであれば、審査にパスすることができます。特に、同じ銀行で作ったクレジットカードや、同じ銀行で組んだ住宅ローンで、きちんと返済しているとなると、審査には有利にはたらきます。

つまり、収入や、借入残高は関係ないのです。きちんと返済してきた=これからもきちんと返済してくれる見込みが高いということになりますので、信用面でのポイントが上がります。

この点は、収入の額に関しては全く関係がないことですので、今まできちんと返済を繰り返してきたのであれば、安心して審査を受けることができます。

3.限度額を控えめにする

最後に限度額についてです。借入限度額は年収の1/3以下を目安にすると良いです。銀行系カードローンの場合は総量規制という法律の適用対象外ですが、余裕のある返済を考えた場合には、収入に見合った借入額としておくことをお薦めします。この限度額をやたらと高く設定しようとすると審査に落ちてしまうことにもなりかねませんので、注意してください。

また、限度額を低く抑えることには、もう一つメリットがあります。どこの銀行系カードローンでも、収入証明が不要になる借入限度額の上限が定められています。この範囲内の限度額であれば、収入の多少にかかわらず、収入面の審査を受けなくていいのですから、審査のハードルが一段下がることになります。

特に収入が少ないことを気にされている方は、その影響がない限度額を設定するのが良いでしょう。

この収入証明が不要となる上限の限度額というのは銀行によって変わってきますので、カードローンのホームページで確認してください。参考までに、みずほ銀行の場合ですと、借入限度額200万円以下であれば、収入証明が不要になります。三井住友銀行の場合は300万円です。

銀行カードローンの審査に落ちた人のこんな共通点に注意!

銀行系カードローンの審査に落ちてしまう方には共通の傾向があります。その共通の傾向とは下記の5点になります。

1.年収に対し高い借入限度額を設定した
2.申し込み内容に不備がある
3.収入が安定しない
4.既に他社から多額の借入をしている
5.属性が不利

みずほ銀行カードローンの場合は、借入限度額が最大1,000万円となっていますが、銀行側に審査の基準としては、年収の1/2を目安にしています。これ以上の限度額で審査に申し込むと、落ちてしまうのです。しかもこの年収の1/2というのも最初から可能なわけではありません。何度か借り入れて、返済の履歴をきちんと作ってからでないと、この目安も適用されません。初めてカードローンを申し込まれるのであれば、前述した通り、年収の1/3以下を目安とした方が良いでしょう。

次に、申し込み内容の不備ですが、これは勤務先や住所、年収などを偽った場合になります。年収は統計データから、本人情報は身分証明書から確かめることができますので、どんな嘘も確実にばれてしまいます。嘘がばれると信用度が一気に落ちてしまい審査に通ることができなくなってしまいますので、きちんと真実を伝えましょう。

収入が安定していない人も、銀行系カードローンは利用できません。アルバイトやパートの人でも申し込みは出来ますが、勤続期間が極端に短かったりすると審査落ちします。 また、無職だと決してお金は借りられないので注意してください。

何社からも同時にお金を借りている人は、多重債務者だと思われています。借金で借金を返す多重債務者は、踏み倒しのリスクが大きいので審査落ちしてしまいます。

収入が安定していて、返済事故も起こしておらず、申し込み内容も不備がないのに審査に落ちてしまうという方もいます。そんな方は、総合的な属性に問題がある場合もあります。例えば一人暮らしであるとか、非正規雇用であるとか、勤続期間が極端に短いなどといった場合が多いようです。

これらのどれか一つにでも当てはまっていると審査に落ちてしまいますので、注意してください。

銀行カードローンの審査ならみずほ銀行カードローンがおすすめ!

ここまでに説明してきた内容を確実にクリアできたなら、審査には確実に通ります。そうするといよいよカードローンの審査に申し込み、お金を借りることになるのですが、どういった金融機関を選べば良いのでしょうか?

ここでお薦めしたいのがみずほ銀行のカードローンです。みずほ銀行の場合、最短で即日審査、即日融資を受けることができます。

また月々の返済にもゆとりがあり、きちんとした返済計画が立てやすいです。

金利も3.0%~14.0%と、銀行系としても低い部類に入ります。

総合的に見て、みずほ銀行カードローンがお薦めです。

みずほ銀行カードローンの詳細は、ホームページでご確認ください。